輸入住宅を展示するモデルハウスが増加中

subpage1

近年モデルハウスで人気が上昇しているのは輸入住宅です。



これは明確な定義はないものの、一般的には、海外の生活様式や気候を基に設計され、建築資材を輸入して国内で建築した住宅を指します。

静岡県西部の不動産の新しい情報です。

大きな特徴として、日本の建築物には見られなかった色使いやデザイン、柱や梁によらずに壁で家を支えるツーバイフォー工法が挙げられます。

1つ目の特徴である色使いとデザイン性については、輸入住宅を選ぶ場合の大きなポイントになります。

欧米の伝統的なデザインには、流行に左右されない美しさがあります。


特に若い世代にとっては、明るい色や木造りの室内などに憧れて輸入住宅を選ぶ人が多いようです。
2つ目のツーバイフォー工法のメリットは、耐震性の高さです。
「面」で家を支える工法は、日本の家のように柱や梁といった「線」で支えるのと比べて1.5〜2倍もの耐震性があると言われています。


地震国である日本では耐震性は重要であり、この点からも輸入住宅に注目が集まっています。

また柱や梁を多用しないことで、間取りを広く使えるというメリットもあります。
この他、輸入元の気候に基づく特徴もあります。


たとえば北欧や北米の気候に適した資材を使った家は、断熱性や気密性に優れています。
一方デメリットは、海外の住宅に詳しい大工や工務店がまだ少なく、メンテナンスが難しいことです。

最近のNAVERまとめ情報選びはインターネットで行う時代です。

また洋風の家と和風の家具は合わせづらく、インテリア選びも必要になります。


輸入住宅に興味を持ったら、まずモデルハウスで実際の外観や内装を確認することをお勧めします。
同時に、モデルハウス内のインテリアも参考にすると良いでしょう。